Uncategorized

イイものがお買い得に!ノードグリーンの時計を安く手に入れる方法

クリスマスプレゼントもお得にゲットしませんか? 現在、公式サイトでブラックフライデーセールが期間限定で開催中! 今年最大のセールとなっており、腕時計が商品が最大30%OFF、 アクセサリーが25%OFF、サングラスが40%OFFでそれぞれお求めいただけます!* 今だけのお得な機会にあなたの大切な人へ、思い出に残るプレゼントを贈りませんか。特に【腕時計+ストラップ2本】の厳選セットは、ギフトとして1番人気の商品です。ベストセラーの腕時計に2つのストラップがセットになっており、最大30%OFFでゲットできちゃいます!ストラップは簡単に、ワンタッチで付け替えが可能なので、その日の気分や色んなシーンに合わせて楽しめます。いくつかストラップがあると、ストラップを変える度に、フレッシュな気持ちになりますよね。お気に入りのモデルが売り切れる前にぜひチェックしてみましょう! *メーカー再生品、Guardianモデルは対象外となります。 バレンタインオファー終了まで 花ひらく春夏コレクション22が登場 ノードグリーンは待望の春夏コレクションを発表しました。今年のコレクションが3月1日に発売開始されました。新商品もSUPREMEというクーポンコードの対象になります。ポジティブな自己表現をテーマにして作成されました。 新商品のコレクションを見る コレクションを見る 厳選セットが最大23%OFF アクセサリー サングラス はじめに インスタから人気沸騰中の北欧時計ブランドNordgreen。シンプルかつ、計算しつくされたそのデザイン性から2020年と2021年にデザイン賞を受賞。 デザイン時計というと、質が損なわれがち、著者が考えるNordgreenの魅力はそのコスパの良さ。日本製ムーブメント搭載、2年間保証サポート付きなのに値段は2万円から3万円。時計の品質、サポート、そして着せ替え用ストラップすべて込みでこの値段は嬉しい。簡単に取り換え可能なストラップでフォーマルにもカジュアルにも大活躍のアイテムに。 2023年の福袋も販売開催中 2022年12月27日~2023年1月9日まで福袋を販売中です。腕時計と共に無料の福袋をカートに入れると、追加ストラップ2本が自動的についてきます!どのストラップが入っているかは開けてのお楽しみです。ご注文の腕時計のケースカラーに合ったストラップがおまかせで付いてきます。 注意!500個限定ですので、お急ぎください! セール時じゃなくても10%オフで購入する方法。 公式サイトにある『厳選セット』と読者さん限定クーポンコード【SUPREME10】を組み合わせることで常時最低25%OFFで購入可能に! 公式サイトの厳選セットって? 公式サイトの厳選セットは、時計本体と1本又は2本の付け替えストラップがセレクトしてあるギフトボックスです。 公式サイトのおすすめセット 簡単に付け替えが可能なストラップ   ストラップのラインナップも人気のメタル素材、レザー、ナイロンと色と素材が豊富で、オンオフ問わず使えます。 また、ストラップの数に対応したギフボックスに入って届くので、プレゼントにもピッタリです。   《価格比較》例1: 例えば、ノードグリーンの人気商品Philosopher(フィロソファー)。単品で本体とストラップを購入すると合計金額は3万5000円。 こちらをセット割引と15%OFFクーポンコードをうまく利用すると、2万8000円と32%お得に! セットを公式サイトで見る 《価格比較》例2: 例えば、ノードグリーンの人気商品Pioneer(パイオニア)。単品で本体とストラップを購入すると合計金額は4万6000円。 こちらをセット割引と15%OFFクーポンコードをうまく利用すると、3万1280円と32%お得に! セットを公式サイトで見る なぜ公式サイトで購入がオススメなのか。 一般的にメーカー公式サイトで購入したい理由の一番は品質保証の安心感ですが、ノードグリーンの公式サイトはサービス、値段、なども充実。 ウェブサイトのカスタムオーダーも見逃せない 安心の2年間保証とカスタマーサポート 追跡付き全国送料無料 1,000品を超える商品セレクション クーポンコード使用可能でお得に購入 唯一、公式サイトから購入で考え所は通常配送2−4営業日であること。プレゼントで購入する場合は1週間くらい余裕をもって注文することがオススメ!   SupremeStyleおすすめの厳選セット!こちらからそのまま購入可能! レディース厳選セット 3選 ノードグリーンの時計はスッキリしたデザインの中に「自分らしさ」を求めることで生み出される、大人のオシャレ。カジュアルすぎず、普段のファッションとも相性抜群の北欧デザインなのです。 レディース 要チェックモデル① Philosopher(フィロソファー) メッシュ&グレーレザー 単品価格 ¥25,000 セット価格 ¥26,775 分針、秒針のバランスが絶妙なNordgreenの人気モデル。 …

イイものがお買い得に!ノードグリーンの時計を安く手に入れる方法 Read More »

3万円以下で買える!?コスパ最強ハイクオリティ腕時計5選

時計ライター厳選! 手ごろな価格で高品質 一生を共にする“珠玉の1本”とは? 腕時計は完璧なアクセサリーとして知られています。価格、形、色が豊富に揃っているだけでなく、機能的で洗練されており、どんな手首にも似合うという点で議論の余地はありません。そうは言っても、シーズンに合わせて腕時計を選びたい方、今後何年にもわたって愛用できるエレガントでスタイリッシュな腕時計を選びたい方、すべての男性にノードグリーンをお伝えしたいと思いました。  セール情報: 2023年福袋販売中です。腕時計と共に無料の福袋をカートに入れたら、追加ストラップ2本が自動的についてきます。 どのストラップが入っているかは開けてのお楽しみです。  実は高価な腕時計は、実際の価格の10倍〜20倍の値段がつけられていることがよくあります。例えば、数万円でつくられている腕時計が、店頭価格50万円で販売されていることもあるのです。しかし何故、そこまで高く売る必要があるのでしょうか?もちろん高品質で高価な素材を使っている高級腕時計は、その分値段が高くなる場合もあります。しかし実際のところ高価な時計は広告やスポンサーに多額の投資をしているため、どうしても価格にそれらの費用を上乗せした値段で市場に出回ってしまうのです。 高級腕時計や宝飾品を取り扱っているニューヨークのアーロンファーベルギャラリー(Aaron Faber Gallery)の創設者の一人エドワードファーベル(Edward Faber)は、腕時計の価格のほとんどは広告費が占めていると語っています。 「カルティエ、ロレックス、パテック フィリップなどの有名な高級腕時計ブランドは、他の腕時計ブランドよりもマーケティングと広告宣伝費に莫大な投資をしている。彼らは自社の商品は他社とは別格であると宣伝し、簡単に手に入らないようにすることで自社ブランドの商品価値を高めてきたのである」(2019年12月2日のHUFFPOSTの記事より一部を抜粋・編集) つまり腕時計の「適正価格」は必ずしも時計自体のクオリティとイコールではないというわけです。各ブランドがマーケティングや広告費でブランドの価値を高めたぶん、時計の値段は吊り上がります。言い換えれば、3万円以下の時計の中にも50万円以上する時計の品質を持つものがある、ということになります。 それでは、純粋に時計のクオリティのみを追求した“本当に価値のある時計”はどうすれば見つかるのでしょうか。 次にリーズナブルな価格で高品質な腕時計のポイントをみていきましょう。 3万円以下でハイクオリティな腕時計が見つかる理由 20年前、良い腕時計にはそれなりの値段がつきました。一方、先にも述べたように、現代では3万円以下で高品質な腕時計が手に入るようになりました。実際、ここ数年の技術力の進歩により製造コストが抑えられ、より簡素なデザインの腕時計であれば、2万円以下でも上質な時計を購入出来るようになりました。 例えばセイコーリクラフト(SEIKO Recraft)やタイメックスフェアフィールド(TIMEX Fairfield)は3万円以下で購入でき、ブランド自体もその価格帯で十分な利益を出しています。また、3万円以下の優れた時計の中には、10倍以上の値段がする「高級腕時計」より上質なものもあると断言する時計のスペシャリストもいます。 その様な時計ブランドは自社ブランディングより腕時計本来の品質を追求することに時間を費やしています。 近年、スイスの時計専門家のレビュー記事では、2万円以下の腕時計でも一本90万円以上するロレックスのサブマリーナ(ROLEX Submariner)と同じ高品質な316Lステンレススチール(ステンレス鋼)を素材に使用していると掲載されています。 つまりリーズナブルな腕時計ブランドであっても、F1ドライバーやハリウッドスターを起用し豪華できらびやかなプロモーションを打ちだしている高級腕時計と同じように高性能で高品質なものはあるというわけです。 これが「コスパ最強の珠玉の1本」が手に入る理由です。 上質なのに手の届く価格、“珠玉の1本”はここが違う! それでは皆さんは3万円以内で購入できる“高品質な腕時計”を見分けるために、どこを見ればいいと思いますか?それは時計の素材やデザインを見れば分かります。そんなの当たり前と思われる方もいるかもしれませんが、普段から時計の素材やデザインを細かく見ている時計ユーザーは実はそんなに多くはありません。 ここではリーズナブルな値段でハイクオリティな腕時計のポイントを3つにまとめました。上質な時計は身につけるほどに愛着が湧き、最高のパートナーになってくれます。腕時計選びに後悔しないため、ぜひ参考にしてください。 ポイントその1:上質なムーブメントを使っていること  時計の駆動装置とも呼ばれるムーブメント(Movement)が上質な時計選びには欠かせないポイントになります。腕時計は大きく分けるとクォーツ式と機械式腕時計に分類されますが、上質なクォーツ式のムーブメントは、ほとんど時間の狂いがなく正確な時を刻みます。  時計業界の中で日本製とスイス製のムーブメントは特に高品質なムーブメントとして知られています。例えば日本製のムーブメントで有名なミヨタ(MIYOTA)。ミヨタのムーブメントは日本の時計ブランドのみならず海外の時計にも多く使われる腕時計業界では有名なブランドです。ムーブメントの中のクォーツが一秒間に約32,768回振動し、その振動が電気信号に変換されてステップモーターに伝わり、時計の針を動かします。この繊細な運動をMIYOTAのムーブメントは精密に行います。精巧なムーブメントは月差±15秒程度のズレしか生じないと言われています。ミヨタのムーブメントも月差がほとんどなく、クォーツ式腕時計の中でも精度の高いムーブメントと言われています。もう一つはスイスのロンダ(RONDA)。中でもシリーズ5ムーブメントは品質の高さに定評があります。現在ミヨタのムーブメントを搭載している2万円前後の時計は、市場に多く出回っています。精巧につくられているムーブメントは時間を正確に刻むだけでなく、耐久性にも優れています。時間のズレを心配することなくいつまでも一つの時計を使い続けるなら、ムーブメントのブランドが時計選びの決め手の1つとなるでしょう。 ポイントその2:ディテールへのこだわりが見られる特徴あるデザイン 時計のデザインの高さやルックスも品質を決める重要なポイントになります。上質な腕時計はシンプルに見えて緻密、ケースやリューズなど細かいパーツ一つひとつに他のブランドとは違った特徴が見られます。例えば上質な時計はリューズのデザインや秒針ひとつを見てもユニークです。手に取っただけでそのブランドの時計職人やデザイナーの哲学、想いが投影されているのが分かります。言い換えれば上質な時計は身につけるだけで“個性”を表現できるオリジナリティーが随所に散りばめられているのです。 反対にただ安価なだけの時計はこだわりや特徴が見られません。リューズや秒針のデザインは平凡でケースの色や形もありふれたデザインになっています。残念なことにただ安いだけで、オリジナリティをそこから感じとることができません。せっかく時計を購入するなら細部のデザインまで職人のこだわりを堪能したいものです。自分だけの時計を選ぶなら、ディテールのチェックをすることをおすすめします。 ポイントその3 :ケースやストラップには安全で高品質な素材を使用している 最後に素材も時計のクオリティのポイントになります。例えばほとんどの腕時計にはステンレスが使われていますが、その中でも316Lステンレススチール(ステンレス鋼)は錆びにくく、腐食や酸化、熱にも強いとされています。また高硬度で傷がつきにくく耐久性にも優れています。316Lステンレススチールは別名「サージカルステンレス」と呼ばれ、医療用具などにも使われている安全な素材です。レザーストラップであれば、本革、中でも耐久性に優れ肌触りのいい「ジェニュイン・レザー(genuine leather)」を選ぶようにしましょう。 “珠玉の一本”ランキングTOP5 ここからは3万円以下で購入できる厳選メンズウォッチをランキング形式でご紹介します。このランキングは有名なウォッチメーカーや腕時計デザイナーなど時計業界に長く携わっているプロの意見を参考に、時計の品質、価格帯、精巧さ、顧客満足度など様々な角度から徹底検証しています。お手ごろ価格で高品質な珠玉の1本をお探しの方はぜひ参考にしてください。 時計業界注目!リーズナブルな腕時計TOP5 ここからは時計のプロのアドバイスやインターネット上のカスタマーレビューをもとに、時計ユーザーを魅了しつづける3万円以下の腕時計TOP5をご紹介します。 1.Nordgreen /フィロソファー 評価コメント デンマークの腕時計ブランド、ノードグリーン(Nordgreen)のフィロソファ(Philosopher)は北欧のミニマリズムを極めた逸品。ノードグリーンの腕時計を手掛けるヤコブ・ワグナー(Jakob Wagner)は、世界でも有名なプロダクトデザイナーです。ワグナー氏はこれまでBang & Olufsen、Hay、Capelliniをはじめ、世界の有名ブランドのデザインに携わってきました。またワグナー氏は世界三大デザイン賞として名高い「iFデザイン賞」を5回受賞しています。 そんなワグナー氏が手掛けるフィロソファはミニマリズムを基調とし、シンプルを追求した審美的なデザインが魅力。高級腕時計と比べても遜色のない高性能なつくりで、身につけると細部にまで職人のこだわりが感じられます。リーズナブルな価格帯でありながら品質に対する一切の妥協がなく、各パーツには高品質な素材のみが使用されています。例えば、ムーブメントは日本製のミヨタが採用され、40㎜のケース素材には丁寧に研磨された316Lステンレススチールが使われています。さらにケースの横に配置されている特徴的なリューズは非常に機能的。つまみやすいように細かく起伏が刻まれています。リューズの中央にブランドロゴがあしらわれているのも特徴的です。この様なディテールへのこだわりが各部に見られるこのモデルは、高価格モデルと同じような“高級感”を堪能できます。 このモデルの一番の特徴は、滑らかに時を刻むソード型の非対称な秒針です。先端に行くにつれて細くなる秒針には「自ら未来を切り開く」という意味が込められています。 またフィロソファは“過去から学び、より良い未来を創造する”をコンセプトにデザインされています。この様な“哲学”が至る所に盛り込まれたフィロソファは、2万円〜3万円となっています。この価格帯で高級腕時計と比べても決して引けを取らない品質は、同価格の腕時計の中でも「傑作」と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。 ノーグリーンの関係者によると、この北欧腕時計ブランドは、マーケティングコストを削減することで高級腕時計に備わっている高性能な機能すべてをこのモデルに落とし込んでいるといいます。余計な部分は削ぎ落とし、時計に必要な本質のみを最大限に追求する、北欧のミニマリズムをここでも感じることができます。 同社は社会貢献プログラムと称して2017年の創設以来「衛生・健康」「教育」「環境」の3つの観点から支援が必要な人々や地域へ精力的な慈善活動を行っています。ノードグリーンの時計購入代金の一部は上記3つのプログラムに関連する世界各国のNGOをとおして、支援が必要な人々や地域へ送られます。「衛生・健康」では2か月分の清潔な水を1人分、中央アフリカへ提供することができます。また、「教育」ではインドの子ども一人に対して1か月間の教育支援を、「環境」では中南米の熱帯雨林約200平方フィート(約19平方メートル)の保護に貢献することができます。この支援金は時計の購入金額に含まれていて、購入者は時計の裏面に刻まれているシリアルナンバーにより、どこのNGOへ寄付したかが分かる仕組みになっています。 …

3万円以下で買える!?コスパ最強ハイクオリティ腕時計5選 Read More »

3万円以下で買える!?コスパ最強ハイクオリティ腕時計5選

時計ライター厳選! 手ごろな価格で高品質 一生を共にする“珠玉の1本”とは? 腕時計は完璧なアクセサリーとして知られています。価格、形、色が豊富に揃っているだけでなく、機能的で洗練されており、どんな手首にも似合うという点で議論の余地はありません。そうは言っても、シーズンに合わせて腕時計を選びたい方、今後何年にもわたって愛用できるエレガントでスタイリッシュな腕時計を選びたい方、すべての男性にノードグリーンをお伝えしたいと思いました。  セール情報: 2023年福袋販売中です。腕時計と共に無料の福袋をカートに入れたら、追加ストラップ2本が自動的についてきます。 どのストラップが入っているかは開けてのお楽しみです。 実は高価な腕時計は、実際の価格の10倍〜20倍の値段がつけられていることがよくあります。例えば、数万円でつくられている腕時計が、店頭価格50万円で販売されていることもあるのです。しかし何故、そこまで高く売る必要があるのでしょうか?もちろん高品質で高価な素材を使っている高級腕時計は、その分値段が高くなる場合もあります。しかし実際のところ高価な時計は広告やスポンサーに多額の投資をしているため、どうしても価格にそれらの費用を上乗せした値段で市場に出回ってしまうのです。 高級腕時計や宝飾品を取り扱っているニューヨークのアーロンファーベルギャラリー(Aaron Faber Gallery)の創設者の一人エドワードファーベル(Edward Faber)は、腕時計の価格のほとんどは広告費が占めていると語っています。 「カルティエ、ロレックス、パテック フィリップなどの有名な高級腕時計ブランドは、他の腕時計ブランドよりもマーケティングと広告宣伝費に莫大な投資をしている。彼らは自社の商品は他社とは別格であると宣伝し、簡単に手に入らないようにすることで自社ブランドの商品価値を高めてきたのである」(2019年12月2日のHUFFPOSTの記事より一部を抜粋・編集) つまり腕時計の「適正価格」は必ずしも時計自体のクオリティとイコールではないというわけです。各ブランドがマーケティングや広告費でブランドの価値を高めたぶん、時計の値段は吊り上がります。言い換えれば、3万円以下の時計の中にも50万円以上する時計の品質を持つものがある、ということになります。 それでは、純粋に時計のクオリティのみを追求した“本当に価値のある時計”はどうすれば見つかるのでしょうか。 次にリーズナブルな価格で高品質な腕時計のポイントをみていきましょう。 3万円以下でハイクオリティな腕時計が見つかる理由 20年前、良い腕時計にはそれなりの値段がつきました。一方、先にも述べたように、現代では3万円以下で高品質な腕時計が手に入るようになりました。実際、ここ数年の技術力の進歩により製造コストが抑えられ、より簡素なデザインの腕時計であれば、2万円以下でも上質な時計を購入出来るようになりました。 例えばセイコーリクラフト(SEIKO Recraft)やタイメックスフェアフィールド(TIMEX Fairfield)は3万円以下で購入でき、ブランド自体もその価格帯で十分な利益を出しています。また、3万円以下の優れた時計の中には、10倍以上の値段がする「高級腕時計」より上質なものもあると断言する時計のスペシャリストもいます。 その様な時計ブランドは自社ブランディングより腕時計本来の品質を追求することに時間を費やしています。 近年、スイスの時計専門家のレビュー記事では、2万円以下の腕時計でも一本90万円以上するロレックスのサブマリーナ(ROLEX Submariner)と同じ高品質な316Lステンレススチール(ステンレス鋼)を素材に使用していると掲載されています。 つまりリーズナブルな腕時計ブランドであっても、F1ドライバーやハリウッドスターを起用し豪華できらびやかなプロモーションを打ちだしている高級腕時計と同じように高性能で高品質なものはあるというわけです。 これが「コスパ最強の珠玉の1本」が手に入る理由です。 上質なのに手の届く価格、“珠玉の1本”はここが違う! それでは皆さんは3万円以内で購入できる“高品質な腕時計”を見分けるために、どこを見ればいいと思いますか?それは時計の素材やデザインを見れば分かります。そんなの当たり前と思われる方もいるかもしれませんが、普段から時計の素材やデザインを細かく見ている時計ユーザーは実はそんなに多くはありません。 ここではリーズナブルな値段でハイクオリティな腕時計のポイントを3つにまとめました。上質な時計は身につけるほどに愛着が湧き、最高のパートナーになってくれます。腕時計選びに後悔しないため、ぜひ参考にしてください。 ポイントその1:上質なムーブメントを使っていること  時計の駆動装置とも呼ばれるムーブメント(Movement)が上質な時計選びには欠かせないポイントになります。腕時計は大きく分けるとクォーツ式と機械式腕時計に分類されますが、上質なクォーツ式のムーブメントは、ほとんど時間の狂いがなく正確な時を刻みます。  時計業界の中で日本製とスイス製のムーブメントは特に高品質なムーブメントとして知られています。例えば日本製のムーブメントで有名なミヨタ(MIYOTA)。ミヨタのムーブメントは日本の時計ブランドのみならず海外の時計にも多く使われる腕時計業界では有名なブランドです。ムーブメントの中のクォーツが一秒間に約32,768回振動し、その振動が電気信号に変換されてステップモーターに伝わり、時計の針を動かします。この繊細な運動をMIYOTAのムーブメントは精密に行います。精巧なムーブメントは月差±15秒程度のズレしか生じないと言われています。ミヨタのムーブメントも月差がほとんどなく、クォーツ式腕時計の中でも精度の高いムーブメントと言われています。もう一つはスイスのロンダ(RONDA)。中でもシリーズ5ムーブメントは品質の高さに定評があります。現在ミヨタのムーブメントを搭載している2万円前後の時計は、市場に多く出回っています。精巧につくられているムーブメントは時間を正確に刻むだけでなく、耐久性にも優れています。時間のズレを心配することなくいつまでも一つの時計を使い続けるなら、ムーブメントのブランドが時計選びの決め手の1つとなるでしょう。 ポイントその2:ディテールへのこだわりが見られる特徴あるデザイン 時計のデザインの高さやルックスも品質を決める重要なポイントになります。上質な腕時計はシンプルに見えて緻密、ケースやリューズなど細かいパーツ一つひとつに他のブランドとは違った特徴が見られます。例えば上質な時計はリューズのデザインや秒針ひとつを見てもユニークです。手に取っただけでそのブランドの時計職人やデザイナーの哲学、想いが投影されているのが分かります。言い換えれば上質な時計は身につけるだけで“個性”を表現できるオリジナリティーが随所に散りばめられているのです。 反対にただ安価なだけの時計はこだわりや特徴が見られません。リューズや秒針のデザインは平凡でケースの色や形もありふれたデザインになっています。残念なことにただ安いだけで、オリジナリティをそこから感じとることができません。せっかく時計を購入するなら細部のデザインまで職人のこだわりを堪能したいものです。自分だけの時計を選ぶなら、ディテールのチェックをすることをおすすめします。 ポイントその3 :ケースやストラップには安全で高品質な素材を使用している 最後に素材も時計のクオリティのポイントになります。例えばほとんどの腕時計にはステンレスが使われていますが、その中でも316Lステンレススチール(ステンレス鋼)は錆びにくく、腐食や酸化、熱にも強いとされています。また高硬度で傷がつきにくく耐久性にも優れています。316Lステンレススチールは別名「サージカルステンレス」と呼ばれ、医療用具などにも使われている安全な素材です。レザーストラップであれば、本革、中でも耐久性に優れ肌触りのいい「ジェニュイン・レザー(genuine leather)」を選ぶようにしましょう。 “珠玉の一本”ランキングTOP5 ここからは3万円以下で購入できる厳選メンズウォッチをランキング形式でご紹介します。このランキングは有名なウォッチメーカーや腕時計デザイナーなど時計業界に長く携わっているプロの意見を参考に、時計の品質、価格帯、精巧さ、顧客満足度など様々な角度から徹底検証しています。お手ごろ価格で高品質な珠玉の1本をお探しの方はぜひ参考にしてください。 時計業界注目!リーズナブルな腕時計TOP5 ここからは時計のプロのアドバイスやインターネット上のカスタマーレビューをもとに、時計ユーザーを魅了しつづける3万円以下の腕時計TOP5をご紹介します。 1.Nordgreen /フィロソファ 評価コメント デンマークの腕時計ブランド、ノードグリーン(Nordgreen)のフィロソファ(Philosopher)は北欧のミニマリズムを極めた逸品。ノードグリーンの腕時計を手掛けるヤコブ・ワグナー(Jakob Wagner)は、世界でも有名なプロダクトデザイナーです。ワグナー氏はこれまでBang & Olufsen、Hay、Capelliniをはじめ、世界の有名ブランドのデザインに携わってきました。またワグナー氏は世界三大デザイン賞として名高い「iFデザイン賞」を5回受賞しています。 そんなワグナー氏が手掛けるフィロソファはミニマリズムを基調とし、シンプルを追求した審美的なデザインが魅力。高級腕時計と比べても遜色のない高性能なつくりで、身につけると細部にまで職人のこだわりが感じられます。リーズナブルな価格帯でありながら品質に対する一切の妥協がなく、各パーツには高品質な素材のみが使用されています。例えば、ムーブメントは日本製のミヨタが採用され、40㎜のケース素材には丁寧に研磨された316Lステンレススチールが使われています。さらにケースの横に配置されている特徴的なリューズは非常に機能的。つまみやすいように細かく起伏が刻まれています。リューズの中央にブランドロゴがあしらわれているのも特徴的です。この様なディテールへのこだわりが各部に見られるこのモデルは、高価格モデルと同じような“高級感”を堪能できます。 このモデルの一番の特徴は、滑らかに時を刻むソード型の非対称な秒針です。先端に行くにつれて細くなる秒針には「自ら未来を切り開く」という意味が込められています。 またフィロソファは“過去から学び、より良い未来を創造する”をコンセプトにデザインされています。この様な“哲学”が至る所に盛り込まれたフィロソファは、2万円〜3万円となっています。この価格帯で高級腕時計と比べても決して引けを取らない品質は、同価格の腕時計の中でも「傑作」と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。 ノーグリーンの関係者によると、この北欧腕時計ブランドは、マーケティングコストを削減することで高級腕時計に備わっている高性能な機能すべてをこのモデルに落とし込んでいるといいます。余計な部分は削ぎ落とし、時計に必要な本質のみを最大限に追求する、北欧のミニマリズムをここでも感じることができます。 同社は社会貢献プログラムと称して2017年の創設以来「衛生・健康」「教育」「環境」の3つの観点から支援が必要な人々や地域へ精力的な慈善活動を行っています。ノードグリーンの時計購入代金の一部は上記3つのプログラムに関連する世界各国のNGOをとおして、支援が必要な人々や地域へ送られます。「衛生・健康」では2か月分の清潔な水を1人分、中央アフリカへ提供することができます。また、「教育」ではインドの子ども一人に対して1か月間の教育支援を、「環境」では中南米の熱帯雨林約200平方フィート(約19平方メートル)の保護に貢献することができます。この支援金は時計の購入金額に含まれていて、購入者は時計の裏面に刻まれているシリアルナンバーにより、どこのNGOへ寄付したかが分かる仕組みになっています。 …

3万円以下で買える!?コスパ最強ハイクオリティ腕時計5選 Read More »

3万円以下で買える!?コスパ最強ハイクオリティ腕時計5選

時計ライター厳選! 手ごろな価格で高品質 一生を共にする“珠玉の1本”とは? 品質と値段が比例すると考える消費者が多い中、品質の優れた“高級腕時計は”1本100万円以上すると考える時計ユーザーがいるのは当たり前のこと。しかし高い腕時計は果たして本当に高品質なのでしょうか? PS:記事の最後に、人気ブランド腕時計のクリスマススペシャル特典もご紹介しています。どうぞお見逃しなく! 実は高価な腕時計は、実際の価格の10倍〜20倍の値段がつけられていることがよくあります。例えば、数万円でつくられている腕時計が、店頭価格50万円で販売されていることもあるのです。しかし何故、そこまで高く売る必要があるのでしょうか?もちろん高品質で高価な素材を使っている高級腕時計は、その分値段が高くなる場合もあります。しかし実際のところ高価な時計は広告やスポンサーに多額の投資をしているため、どうしても価格にそれらの費用を上乗せした値段で市場に出回ってしまうのです。 高級腕時計や宝飾品を取り扱っているニューヨークのアーロンファーベルギャラリー(Aaron Faber Gallery)の創設者の一人エドワードファーベル(Edward Faber)は、腕時計の価格のほとんどは広告費が占めていると語っています。 「カルティエ、ロレックス、パテック フィリップなどの有名な高級腕時計ブランドは、他の腕時計ブランドよりもマーケティングと広告宣伝費に莫大な投資をしている。彼らは自社の商品は他社とは別格であると宣伝し、簡単に手に入らないようにすることで自社ブランドの商品価値を高めてきたのである」(2019年12月2日のHUFFPOSTの記事より一部を抜粋・編集) つまり腕時計の「適正価格」は必ずしも時計自体のクオリティとイコールではないというわけです。各ブランドがマーケティングや広告費でブランドの価値を高めたぶん、時計の値段は吊り上がります。言い換えれば、3万円以下の時計の中にも50万円以上する時計の品質を持つものがある、ということになります。 それでは、純粋に時計のクオリティのみを追求した“本当に価値のある時計”はどうすれば見つかるのでしょうか。 次にリーズナブルな価格で高品質な腕時計のポイントをみていきましょう。 3万円以下でハイクオリティな腕時計が見つかる理由 20年前、良い腕時計にはそれなりの値段がつきました。一方、先にも述べたように、現代では3万円以下で高品質な腕時計が手に入るようになりました。実際、ここ数年の技術力の進歩により製造コストが抑えられ、より簡素なデザインの腕時計であれば、2万円以下でも上質な時計を購入出来るようになりました。 例えばセイコーリクラフト(SEIKO Recraft)やタイメックスフェアフィールド(TIMEX Fairfield)は3万円以下で購入でき、ブランド自体もその価格帯で十分な利益を出しています。また、3万円以下の優れた時計の中には、10倍以上の値段がする「高級腕時計」より上質なものもあると断言する時計のスペシャリストもいます。 その様な時計ブランドは自社ブランディングより腕時計本来の品質を追求することに時間を費やしています。 近年、スイスの時計専門家のレビュー記事では、2万円以下の腕時計でも一本90万円以上するロレックスのサブマリーナ(ROLEX Submariner)と同じ高品質な316Lステンレススチール(ステンレス鋼)を素材に使用していると掲載されています。 つまりリーズナブルな腕時計ブランドであっても、F1ドライバーやハリウッドスターを起用し豪華できらびやかなプロモーションを打ちだしている高級腕時計と同じように高性能で高品質なものはあるというわけです。 これが「コスパ最強の珠玉の1本」が手に入る理由です。 上質なのに手の届く価格、“珠玉の1本”はここが違う! それでは皆さんは3万円以内で購入できる“高品質な腕時計”を見分けるために、どこを見ればいいと思いますか?それは時計の素材やデザインを見れば分かります。そんなの当たり前と思われる方もいるかもしれませんが、普段から時計の素材やデザインを細かく見ている時計ユーザーは実はそんなに多くはありません。 ここではリーズナブルな値段でハイクオリティな腕時計のポイントを3つにまとめました。上質な時計は身につけるほどに愛着が湧き、最高のパートナーになってくれます。腕時計選びに後悔しないため、ぜひ参考にしてください。 ポイントその1:上質なムーブメントを使っていること  時計の駆動装置とも呼ばれるムーブメント(Movement)が上質な時計選びには欠かせないポイントになります。腕時計は大きく分けるとクォーツ式と機械式腕時計に分類されますが、上質なクォーツ式のムーブメントは、ほとんど時間の狂いがなく正確な時を刻みます。  時計業界の中で日本製とスイス製のムーブメントは特に高品質なムーブメントとして知られています。例えば日本製のムーブメントで有名なミヨタ(MIYOTA)。ミヨタのムーブメントは日本の時計ブランドのみならず海外の時計にも多く使われる腕時計業界では有名なブランドです。ムーブメントの中のクォーツが一秒間に約32,768回振動し、その振動が電気信号に変換されてステップモーターに伝わり、時計の針を動かします。この繊細な運動をMIYOTAのムーブメントは精密に行います。精巧なムーブメントは月差±15秒程度のズレしか生じないと言われています。ミヨタのムーブメントも月差がほとんどなく、クォーツ式腕時計の中でも精度の高いムーブメントと言われています。もう一つはスイスのロンダ(RONDA)。中でもシリーズ5ムーブメントは品質の高さに定評があります。現在ミヨタのムーブメントを搭載している2万円前後の時計は、市場に多く出回っています。精巧につくられているムーブメントは時間を正確に刻むだけでなく、耐久性にも優れています。時間のズレを心配することなくいつまでも一つの時計を使い続けるなら、ムーブメントのブランドが時計選びの決め手の1つとなるでしょう。 ポイントその2:ディテールへのこだわりが見られる特徴あるデザイン 時計のデザインの高さやルックスも品質を決める重要なポイントになります。上質な腕時計はシンプルに見えて緻密、ケースやリューズなど細かいパーツ一つひとつに他のブランドとは違った特徴が見られます。例えば上質な時計はリューズのデザインや秒針ひとつを見てもユニークです。手に取っただけでそのブランドの時計職人やデザイナーの哲学、想いが投影されているのが分かります。言い換えれば上質な時計は身につけるだけで“個性”を表現できるオリジナリティーが随所に散りばめられているのです。 反対にただ安価なだけの時計はこだわりや特徴が見られません。リューズや秒針のデザインは平凡でケースの色や形もありふれたデザインになっています。残念なことにただ安いだけで、オリジナリティをそこから感じとることができません。せっかく時計を購入するなら細部のデザインまで職人のこだわりを堪能したいものです。自分だけの時計を選ぶなら、ディテールのチェックをすることをおすすめします。 ポイントその3 :ケースやストラップには安全で高品質な素材を使用している 最後に素材も時計のクオリティのポイントになります。例えばほとんどの腕時計にはステンレスが使われていますが、その中でも316Lステンレススチール(ステンレス鋼)は錆びにくく、腐食や酸化、熱にも強いとされています。また高硬度で傷がつきにくく耐久性にも優れています。316Lステンレススチールは別名「サージカルステンレス」と呼ばれ、医療用具などにも使われている安全な素材です。レザーストラップであれば、本革、中でも耐久性に優れ肌触りのいい「ジェニュイン・レザー(genuine leather)」を選ぶようにしましょう。 “珠玉の一本”ランキングTOP5 ここからは3万円以下で購入できる厳選メンズウォッチをランキング形式でご紹介します。このランキングは有名なウォッチメーカーや腕時計デザイナーなど時計業界に長く携わっているプロの意見を参考に、時計の品質、価格帯、精巧さ、顧客満足度など様々な角度から徹底検証しています。お手ごろ価格で高品質な珠玉の1本をお探しの方はぜひ参考にしてください。 時計業界注目!リーズナブルな腕時計TOP5 ここからは時計のプロのアドバイスやインターネット上のカスタマーレビューをもとに、時計ユーザーを魅了しつづける3万円以下の腕時計TOP5をご紹介します。 1.Nordgreen /フィロソファ 評価コメント デンマークの腕時計ブランド、ノードグリーン(Nordgreen)のフィロソファ(Philosopher)は北欧のミニマリズムを極めた逸品。ノードグリーンの腕時計を手掛けるヤコブ・ワグナー(Jakob Wagner)は、世界でも有名なプロダクトデザイナーです。ワグナー氏はこれまでBang & Olufsen、Hay、Capelliniをはじめ、世界の有名ブランドのデザインに携わってきました。またワグナー氏は世界三大デザイン賞として名高い「iFデザイン賞」を5回受賞しています。 そんなワグナー氏が手掛けるフィロソファはミニマリズムを基調とし、シンプルを追求した審美的なデザインが魅力。高級腕時計と比べても遜色のない高性能なつくりで、身につけると細部にまで職人のこだわりが感じられます。リーズナブルな価格帯でありながら品質に対する一切の妥協がなく、各パーツには高品質な素材のみが使用されています。例えば、ムーブメントは日本製のミヨタが採用され、40㎜のケース素材には丁寧に研磨された316Lステンレススチールが使われています。さらにケースの横に配置されている特徴的なリューズは非常に機能的。つまみやすいように細かく起伏が刻まれています。リューズの中央にブランドロゴがあしらわれているのも特徴的です。この様なディテールへのこだわりが各部に見られるこのモデルは、高価格モデルと同じような“高級感”を堪能できます。 このモデルの一番の特徴は、滑らかに時を刻むソード型の非対称な秒針です。先端に行くにつれて細くなる秒針には「自ら未来を切り開く」という意味が込められています。 またフィロソファは“過去から学び、より良い未来を創造する”をコンセプトにデザインされています。この様な“哲学”が至る所に盛り込まれたフィロソファは、2万円〜3万円となっています。この価格帯で高級腕時計と比べても決して引けを取らない品質は、同価格の腕時計の中でも「傑作」と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。 ノーグリーンの関係者によると、この北欧腕時計ブランドは、マーケティングコストを削減することで高級腕時計に備わっている高性能な機能すべてをこのモデルに落とし込んでいるといいます。余計な部分は削ぎ落とし、時計に必要な本質のみを最大限に追求する、北欧のミニマリズムをここでも感じることができます。 同社は社会貢献プログラムと称して2017年の創設以来「衛生・健康」「教育」「環境」の3つの観点から支援が必要な人々や地域へ精力的な慈善活動を行っています。ノードグリーンの時計購入代金の一部は上記3つのプログラムに関連する世界各国のNGOをとおして、支援が必要な人々や地域へ送られます。「衛生・健康」では2か月分の清潔な水を1人分、中央アフリカへ提供することができます。また、「教育」ではインドの子ども一人に対して1か月間の教育支援を、「環境」では中南米の熱帯雨林約200平方フィート(約19平方メートル)の保護に貢献することができます。この支援金は時計の購入金額に含まれていて、購入者は時計の裏面に刻まれているシリアルナンバーにより、どこのNGOへ寄付したかが分かる仕組みになっています。 つまりノードグリーンの時計はデザインや品質だけでなく、ユーザーがその時計を身につけることで地域社会や環境に貢献しているアイコンになるというわけです。現在、ここまでサステナブルな活動を行っている腕時計ブランドはそれほど多くありません。社会や環境問題に目を向け、今後の私たちの生活をより良くしていこうという試みは、近年のファッション業界で見られるようになりました。ノードグリーンがいち早くそれを実践し成果をあげていることも、今回の評価につながりました。 さらに顧客からの評価も高く、総合評価サイトTrustpilotには3,000件以上のレビューがよせられ、5段階のうち4.8を獲得していることも大きなポイントになっています。 …

3万円以下で買える!?コスパ最強ハイクオリティ腕時計5選 Read More »

3万円以下で買える!?コスパ最強ハイクオリティ腕時計5選

時計ライター厳選! 手ごろな価格で高品質 一生を共にする“珠玉の1本”とは? PS:記事の最後に、人気ブランド腕時計のクリスマススペシャル特典もご紹介しています。どうぞお見逃しなく! 品質と値段が比例すると考える消費者が多い中、品質の優れた“高級腕時計は”1本100万円以上すると考える時計ユーザーがいるのは当たり前のこと。しかし高い腕時計は果たして本当に高品質なのでしょうか? 実は高価な腕時計は、実際の価格の10倍〜20倍の値段がつけられていることがよくあります。例えば、数万円でつくられている腕時計が、店頭価格50万円で販売されていることもあるのです。しかし何故、そこまで高く売る必要があるのでしょうか?もちろん高品質で高価な素材を使っている高級腕時計は、その分値段が高くなる場合もあります。しかし実際のところ高価な時計は広告やスポンサーに多額の投資をしているため、どうしても価格にそれらの費用を上乗せした値段で市場に出回ってしまうのです。 高級腕時計や宝飾品を取り扱っているニューヨークのアーロンファーベルギャラリー(Aaron Faber Gallery)の創設者の一人エドワードファーベル(Edward Faber)は、腕時計の価格のほとんどは広告費が占めていると語っています。 「カルティエ、ロレックス、パテック フィリップなどの有名な高級腕時計ブランドは、他の腕時計ブランドよりもマーケティングと広告宣伝費に莫大な投資をしている。彼らは自社の商品は他社とは別格であると宣伝し、簡単に手に入らないようにすることで自社ブランドの商品価値を高めてきたのである」(2019年12月2日のHUFFPOSTの記事より一部を抜粋・編集) つまり腕時計の「適正価格」は必ずしも時計自体のクオリティとイコールではないというわけです。各ブランドがマーケティングや広告費でブランドの価値を高めたぶん、時計の値段は吊り上がります。言い換えれば、3万円以下の時計の中にも50万円以上する時計の品質を持つものがある、ということになります。 それでは、純粋に時計のクオリティのみを追求した“本当に価値のある時計”はどうすれば見つかるのでしょうか。 次にリーズナブルな価格で高品質な腕時計のポイントをみていきましょう。 3万円以下でハイクオリティな腕時計が見つかる理由 20年前、良い腕時計にはそれなりの値段がつきました。一方、先にも述べたように、現代では3万円以下で高品質な腕時計が手に入るようになりました。実際、ここ数年の技術力の進歩により製造コストが抑えられ、より簡素なデザインの腕時計であれば、2万円以下でも上質な時計を購入出来るようになりました。 例えばセイコーリクラフト(SEIKO Recraft)やタイメックスフェアフィールド(TIMEX Fairfield)は3万円以下で購入でき、ブランド自体もその価格帯で十分な利益を出しています。また、3万円以下の優れた時計の中には、10倍以上の値段がする「高級腕時計」より上質なものもあると断言する時計のスペシャリストもいます。 その様な時計ブランドは自社ブランディングより腕時計本来の品質を追求することに時間を費やしています。 近年、スイスの時計専門家のレビュー記事では、2万円以下の腕時計でも一本90万円以上するロレックスのサブマリーナ(ROLEX Submariner)と同じ高品質な316Lステンレススチール(ステンレス鋼)を素材に使用していると掲載されています。 つまりリーズナブルな腕時計ブランドであっても、F1ドライバーやハリウッドスターを起用し豪華できらびやかなプロモーションを打ちだしている高級腕時計と同じように高性能で高品質なものはあるというわけです。 これが「コスパ最強の珠玉の1本」が手に入る理由です。 上質なのに手の届く価格、“珠玉の1本”はここが違う! それでは皆さんは3万円以内で購入できる“高品質な腕時計”を見分けるために、どこを見ればいいと思いますか?それは時計の素材やデザインを見れば分かります。そんなの当たり前と思われる方もいるかもしれませんが、普段から時計の素材やデザインを細かく見ている時計ユーザーは実はそんなに多くはありません。 ここではリーズナブルな値段でハイクオリティな腕時計のポイントを3つにまとめました。上質な時計は身につけるほどに愛着が湧き、最高のパートナーになってくれます。腕時計選びに後悔しないため、ぜひ参考にしてください。 ポイントその1:上質なムーブメントを使っていること  時計の駆動装置とも呼ばれるムーブメント(Movement)が上質な時計選びには欠かせないポイントになります。腕時計は大きく分けるとクォーツ式と機械式腕時計に分類されますが、上質なクォーツ式のムーブメントは、ほとんど時間の狂いがなく正確な時を刻みます。  時計業界の中で日本製とスイス製のムーブメントは特に高品質なムーブメントとして知られています。例えば日本製のムーブメントで有名なミヨタ(MIYOTA)。ミヨタのムーブメントは日本の時計ブランドのみならず海外の時計にも多く使われる腕時計業界では有名なブランドです。ムーブメントの中のクォーツが一秒間に約32,768回振動し、その振動が電気信号に変換されてステップモーターに伝わり、時計の針を動かします。この繊細な運動をMIYOTAのムーブメントは精密に行います。精巧なムーブメントは月差±15秒程度のズレしか生じないと言われています。ミヨタのムーブメントも月差がほとんどなく、クォーツ式腕時計の中でも精度の高いムーブメントと言われています。もう一つはスイスのロンダ(RONDA)。中でもシリーズ5ムーブメントは品質の高さに定評があります。現在ミヨタのムーブメントを搭載している2万円前後の時計は、市場に多く出回っています。精巧につくられているムーブメントは時間を正確に刻むだけでなく、耐久性にも優れています。時間のズレを心配することなくいつまでも一つの時計を使い続けるなら、ムーブメントのブランドが時計選びの決め手の1つとなるでしょう。 ポイントその2:ディテールへのこだわりが見られる特徴あるデザイン 時計のデザインの高さやルックスも品質を決める重要なポイントになります。上質な腕時計はシンプルに見えて緻密、ケースやリューズなど細かいパーツ一つひとつに他のブランドとは違った特徴が見られます。例えば上質な時計はリューズのデザインや秒針ひとつを見てもユニークです。手に取っただけでそのブランドの時計職人やデザイナーの哲学、想いが投影されているのが分かります。言い換えれば上質な時計は身につけるだけで“個性”を表現できるオリジナリティーが随所に散りばめられているのです。 反対にただ安価なだけの時計はこだわりや特徴が見られません。リューズや秒針のデザインは平凡でケースの色や形もありふれたデザインになっています。残念なことにただ安いだけで、オリジナリティをそこから感じとることができません。せっかく時計を購入するなら細部のデザインまで職人のこだわりを堪能したいものです。自分だけの時計を選ぶなら、ディテールのチェックをすることをおすすめします。 ポイントその3 :ケースやストラップには安全で高品質な素材を使用している 最後に素材も時計のクオリティのポイントになります。例えばほとんどの腕時計にはステンレスが使われていますが、その中でも316Lステンレススチール(ステンレス鋼)は錆びにくく、腐食や酸化、熱にも強いとされています。また高硬度で傷がつきにくく耐久性にも優れています。316Lステンレススチールは別名「サージカルステンレス」と呼ばれ、医療用具などにも使われている安全な素材です。レザーストラップであれば、本革、中でも耐久性に優れ肌触りのいい「ジェニュイン・レザー(genuine leather)」を選ぶようにしましょう。 “珠玉の一本”ランキングTOP5 ここからは3万円以下で購入できる厳選メンズウォッチをランキング形式でご紹介します。このランキングは有名なウォッチメーカーや腕時計デザイナーなど時計業界に長く携わっているプロの意見を参考に、時計の品質、価格帯、精巧さ、顧客満足度など様々な角度から徹底検証しています。お手ごろ価格で高品質な珠玉の1本をお探しの方はぜひ参考にしてください。 時計業界注目!リーズナブルな腕時計TOP5 ここからは時計のプロのアドバイスやインターネット上のカスタマーレビューをもとに、時計ユーザーを魅了しつづける3万円以下の腕時計TOP5をご紹介します。 1.Nordgreen /フィロソファー 評価コメント デンマークの腕時計ブランド、ノードグリーン(Nordgreen)のフィロソファ(Philosopher)は北欧のミニマリズムを極めた逸品。ノードグリーンの腕時計を手掛けるヤコブ・ワグナー(Jakob Wagner)は、世界でも有名なプロダクトデザイナーです。ワグナー氏はこれまでBang & Olufsen、Hay、Capelliniをはじめ、世界の有名ブランドのデザインに携わってきました。またワグナー氏は世界三大デザイン賞として名高い「iFデザイン賞」を5回受賞しています。 そんなワグナー氏が手掛けるフィロソファはミニマリズムを基調とし、シンプルを追求した審美的なデザインが魅力。高級腕時計と比べても遜色のない高性能なつくりで、身につけると細部にまで職人のこだわりが感じられます。リーズナブルな価格帯でありながら品質に対する一切の妥協がなく、各パーツには高品質な素材のみが使用されています。例えば、ムーブメントは日本製のミヨタが採用され、40㎜のケース素材には丁寧に研磨された316Lステンレススチールが使われています。さらにケースの横に配置されている特徴的なリューズは非常に機能的。つまみやすいように細かく起伏が刻まれています。リューズの中央にブランドロゴがあしらわれているのも特徴的です。この様なディテールへのこだわりが各部に見られるこのモデルは、高価格モデルと同じような“高級感”を堪能できます。 このモデルの一番の特徴は、滑らかに時を刻むソード型の非対称な秒針です。先端に行くにつれて細くなる秒針には「自ら未来を切り開く」という意味が込められています。 またフィロソファは“過去から学び、より良い未来を創造する”をコンセプトにデザインされています。この様な“哲学”が至る所に盛り込まれたフィロソファは、2万円〜3万円となっています。この価格帯で高級腕時計と比べても決して引けを取らない品質は、同価格の腕時計の中でも「傑作」と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。 ノーグリーンの関係者によると、この北欧腕時計ブランドは、マーケティングコストを削減することで高級腕時計に備わっている高性能な機能すべてをこのモデルに落とし込んでいるといいます。余計な部分は削ぎ落とし、時計に必要な本質のみを最大限に追求する、北欧のミニマリズムをここでも感じることができます。 同社は社会貢献プログラムと称して2017年の創設以来「衛生・健康」「教育」「環境」の3つの観点から支援が必要な人々や地域へ精力的な慈善活動を行っています。ノードグリーンの時計購入代金の一部は上記3つのプログラムに関連する世界各国のNGOをとおして、支援が必要な人々や地域へ送られます。「衛生・健康」では2か月分の清潔な水を1人分、中央アフリカへ提供することができます。また、「教育」ではインドの子ども一人に対して1か月間の教育支援を、「環境」では中南米の熱帯雨林約200平方フィート(約19平方メートル)の保護に貢献することができます。この支援金は時計の購入金額に含まれていて、購入者は時計の裏面に刻まれているシリアルナンバーにより、どこのNGOへ寄付したかが分かる仕組みになっています。 つまりノードグリーンの時計はデザインや品質だけでなく、ユーザーがその時計を身につけることで地域社会や環境に貢献しているアイコンになるというわけです。現在、ここまでサステナブルな活動を行っている腕時計ブランドはそれほど多くありません。社会や環境問題に目を向け、今後の私たちの生活をより良くしていこうという試みは、近年のファッション業界で見られるようになりました。ノードグリーンがいち早くそれを実践し成果をあげていることも、今回の評価につながりました。 さらに顧客からの評価も高く、総合評価サイトTrustpilotには3,000件以上のレビューがよせられ、5段階のうち4.8を獲得していることも大きなポイントになっています。 …

3万円以下で買える!?コスパ最強ハイクオリティ腕時計5選 Read More »

3万円以下で買える!?コスパ最強ハイクオリティ腕時計5選

時計ライター厳選! 手ごろな価格で高品質 一生を共にする“珠玉の1本”とは? 高級腕時計の適正価格とは 品質と値段が比例すると考える消費者が多い中、品質の優れた“高級腕時計は”1本100万円以上すると考える時計ユーザーがいるのは当たり前のこと。しかし高い腕時計は果たして本当に高品質なのでしょうか? 実は高価な腕時計は、実際の価格の10倍〜20倍の値段がつけられていることがよくあります。例えば、数万円でつくられている腕時計が、店頭価格50万円で販売されていることもあるのです。しかし何故、そこまで高く売る必要があるのでしょうか?もちろん高品質で高価な素材を使っている高級腕時計は、その分値段が高くなる場合もあります。しかし実際のところ高価な時計は広告やスポンサーに多額の投資をしているため、どうしても価格にそれらの費用を上乗せした値段で市場に出回ってしまうのです。 高級腕時計や宝飾品を取り扱っているニューヨークのアーロンファーベルギャラリー(Aaron Faber Gallery)の創設者の一人エドワードファーベル(Edward Faber)は、腕時計の価格のほとんどは広告費が占めていると語っています。 「カルティエ、ロレックス、パテック フィリップなどの有名な高級腕時計ブランドは、他の腕時計ブランドよりもマーケティングと広告宣伝費に莫大な投資をしている。彼らは自社の商品は他社とは別格であると宣伝し、簡単に手に入らないようにすることで自社ブランドの商品価値を高めてきたのである」(2019年12月2日のHUFFPOSTの記事より一部を抜粋・編集) つまり腕時計の「適正価格」は必ずしも時計自体のクオリティとイコールではないというわけです。各ブランドがマーケティングや広告費でブランドの価値を高めたぶん、時計の値段は吊り上がります。言い換えれば、3万円以下の時計の中にも50万円以上する時計の品質を持つものがある、ということになります。 それでは、純粋に時計のクオリティのみを追求した“本当に価値のある時計”はどうすれば見つかるのでしょうか。 次にリーズナブルな価格で高品質な腕時計のポイントをみていきましょう。 3万円以下でハイクオリティな腕時計が見つかる理由 20年前、良い腕時計にはそれなりの値段がつきました。一方、先にも述べたように、現代では3万円以下で高品質な腕時計が手に入るようになりました。実際、ここ数年の技術力の進歩により製造コストが抑えられ、より簡素なデザインの腕時計であれば、2万円以下でも上質な時計を購入出来るようになりました。 例えばセイコーリクラフト(SEIKO Recraft)やタイメックスフェアフィールド(TIMEX Fairfield)は3万円以下で購入でき、ブランド自体もその価格帯で十分な利益を出しています。また、3万円以下の優れた時計の中には、10倍以上の値段がする「高級腕時計」より上質なものもあると断言する時計のスペシャリストもいます。 その様な時計ブランドは自社ブランディングより腕時計本来の品質を追求することに時間を費やしています。 近年、スイスの時計専門家のレビュー記事では、2万円以下の腕時計でも一本90万円以上するロレックスのサブマリーナ(ROLEX Submariner)と同じ高品質な316Lステンレススチール(ステンレス鋼)を素材に使用していると掲載されています。 つまりリーズナブルな腕時計ブランドであっても、F1ドライバーやハリウッドスターを起用し豪華できらびやかなプロモーションを打ちだしている高級腕時計と同じように高性能で高品質なものはあるというわけです。 これが「コスパ最強の珠玉の1本」が手に入る理由です。 上質なのに手の届く価格、“珠玉の1本”はここが違う! それでは皆さんは3万円以内で購入できる“高品質な腕時計”を見分けるために、どこを見ればいいと思いますか?それは時計の素材やデザインを見れば分かります。そんなの当たり前と思われる方もいるかもしれませんが、普段から時計の素材やデザインを細かく見ている時計ユーザーは実はそんなに多くはありません。 ここではリーズナブルな値段でハイクオリティな腕時計のポイントを3つにまとめました。上質な時計は身につけるほどに愛着が湧き、最高のパートナーになってくれます。腕時計選びに後悔しないため、ぜひ参考にしてください。 ポイントその1:上質なムーブメントを使っていること  時計の駆動装置とも呼ばれるムーブメント(Movement)が上質な時計選びには欠かせないポイントになります。腕時計は大きく分けるとクォーツ式と機械式腕時計に分類されますが、上質なクォーツ式のムーブメントは、ほとんど時間の狂いがなく正確な時を刻みます。  時計業界の中で日本製とスイス製のムーブメントは特に高品質なムーブメントとして知られています。例えば日本製のムーブメントで有名なミヨタ(MIYOTA)。ミヨタのムーブメントは日本の時計ブランドのみならず海外の時計にも多く使われる腕時計業界では有名なブランドです。ムーブメントの中のクォーツが一秒間に約32,768回振動し、その振動が電気信号に変換されてステップモーターに伝わり、時計の針を動かします。この繊細な運動をMIYOTAのムーブメントは精密に行います。精巧なムーブメントは月差±15秒程度のズレしか生じないと言われています。ミヨタのムーブメントも月差がほとんどなく、クォーツ式腕時計の中でも精度の高いムーブメントと言われています。もう一つはスイスのロンダ(RONDA)。中でもシリーズ5ムーブメントは品質の高さに定評があります。現在ミヨタのムーブメントを搭載している2万円前後の時計は、市場に多く出回っています。精巧につくられているムーブメントは時間を正確に刻むだけでなく、耐久性にも優れています。時間のズレを心配することなくいつまでも一つの時計を使い続けるなら、ムーブメントのブランドが時計選びの決め手の1つとなるでしょう。 ポイントその2:ディテールへのこだわりが見られる特徴あるデザイン 時計のデザインの高さやルックスも品質を決める重要なポイントになります。上質な腕時計はシンプルに見えて緻密、ケースやリューズなど細かいパーツ一つひとつに他のブランドとは違った特徴が見られます。例えば上質な時計はリューズのデザインや秒針ひとつを見てもユニークです。手に取っただけでそのブランドの時計職人やデザイナーの哲学、想いが投影されているのが分かります。言い換えれば上質な時計は身につけるだけで“個性”を表現できるオリジナリティーが随所に散りばめられているのです。 反対にただ安価なだけの時計はこだわりや特徴が見られません。リューズや秒針のデザインは平凡でケースの色や形もありふれたデザインになっています。残念なことにただ安いだけで、オリジナリティをそこから感じとることができません。せっかく時計を購入するなら細部のデザインまで職人のこだわりを堪能したいものです。自分だけの時計を選ぶなら、ディテールのチェックをすることをおすすめします。 ポイントその3 :ケースやストラップには安全で高品質な素材を使用している 最後に素材も時計のクオリティのポイントになります。例えばほとんどの腕時計にはステンレスが使われていますが、その中でも316Lステンレススチール(ステンレス鋼)は錆びにくく、腐食や酸化、熱にも強いとされています。また高硬度で傷がつきにくく耐久性にも優れています。316Lステンレススチールは別名「サージカルステンレス」と呼ばれ、医療用具などにも使われている安全な素材です。レザーストラップであれば、本革、中でも耐久性に優れ肌触りのいい「ジェニュイン・レザー(genuine leather)」を選ぶようにしましょう。 “珠玉の一本”ランキングTOP5 ここからは3万円以下で購入できる厳選メンズウォッチをランキング形式でご紹介します。このランキングは有名なウォッチメーカーや腕時計デザイナーなど時計業界に長く携わっているプロの意見を参考に、時計の品質、価格帯、精巧さ、顧客満足度など様々な角度から徹底検証しています。お手ごろ価格で高品質な珠玉の1本をお探しの方はぜひ参考にしてください。 時計業界注目!リーズナブルな腕時計TOP5 ここからは時計のプロのアドバイスやインターネット上のカスタマーレビューをもとに、時計ユーザーを魅了しつづける3万円以下の腕時計TOP5をご紹介します。 1.Nordgreen /フィロソファ 評価コメント デンマークの腕時計ブランド、ノードグリーン(Nordgreen)のフィロソファ(Philosopher)は北欧のミニマリズムを極めた逸品。ノードグリーンの腕時計を手掛けるヤコブ・ワグナー(Jakob Wagner)は、世界でも有名なプロダクトデザイナーです。ワグナー氏はこれまでBang & Olufsen、Hay、Capelliniをはじめ、世界の有名ブランドのデザインに携わってきました。またワグナー氏は世界三大デザイン賞として名高い「iFデザイン賞」を5回受賞しています。 そんなワグナー氏が手掛けるフィロソファはミニマリズムを基調とし、シンプルを追求した審美的なデザインが魅力。高級腕時計と比べても遜色のない高性能なつくりで、身につけると細部にまで職人のこだわりが感じられます。リーズナブルな価格帯でありながら品質に対する一切の妥協がなく、各パーツには高品質な素材のみが使用されています。例えば、ムーブメントは日本製のミヨタが採用され、40㎜のケース素材には丁寧に研磨された316Lステンレススチールが使われています。さらにケースの横に配置されている特徴的なリューズは非常に機能的。つまみやすいように細かく起伏が刻まれています。リューズの中央にブランドロゴがあしらわれているのも特徴的です。この様なディテールへのこだわりが各部に見られるこのモデルは、高価格モデルと同じような“高級感”を堪能できます。 このモデルの一番の特徴は、滑らかに時を刻むソード型の非対称な秒針です。先端に行くにつれて細くなる秒針には「自ら未来を切り開く」という意味が込められています。 またフィロソファは“過去から学び、より良い未来を創造する”をコンセプトにデザインされています。この様な“哲学”が至る所に盛り込まれたフィロソファは、2万円〜3万円となっています。この価格帯で高級腕時計と比べても決して引けを取らない品質は、同価格の腕時計の中でも「傑作」と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。 ノーグリーンの関係者によると、この北欧腕時計ブランドは、マーケティングコストを削減することで高級腕時計に備わっている高性能な機能すべてをこのモデルに落とし込んでいるといいます。余計な部分は削ぎ落とし、時計に必要な本質のみを最大限に追求する、北欧のミニマリズムをここでも感じることができます。 同社は社会貢献プログラムと称して2017年の創設以来「衛生・健康」「教育」「環境」の3つの観点から支援が必要な人々や地域へ精力的な慈善活動を行っています。ノードグリーンの時計購入代金の一部は上記3つのプログラムに関連する世界各国のNGOをとおして、支援が必要な人々や地域へ送られます。「衛生・健康」では2か月分の清潔な水を1人分、中央アフリカへ提供することができます。また、「教育」ではインドの子ども一人に対して1か月間の教育支援を、「環境」では中南米の熱帯雨林約200平方フィート(約19平方メートル)の保護に貢献することができます。この支援金は時計の購入金額に含まれていて、購入者は時計の裏面に刻まれているシリアルナンバーにより、どこのNGOへ寄付したかが分かる仕組みになっています。 つまりノードグリーンの時計はデザインや品質だけでなく、ユーザーがその時計を身につけることで地域社会や環境に貢献しているアイコンになるというわけです。現在、ここまでサステナブルな活動を行っている腕時計ブランドはそれほど多くありません。社会や環境問題に目を向け、今後の私たちの生活をより良くしていこうという試みは、近年のファッション業界で見られるようになりました。ノードグリーンがいち早くそれを実践し成果をあげていることも、今回の評価につながりました。 さらに顧客からの評価も高く、総合評価サイトTrustpilotには3,000件以上のレビューがよせられ、5段階のうち4.8を獲得していることも大きなポイントになっています。 …

3万円以下で買える!?コスパ最強ハイクオリティ腕時計5選 Read More »